読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VALID SEO、初めてのPPC運用の雑感

初めてPPC運用することになったVALID SEOが日々のリスティング運用で出る「はてな」に対する雑感を綴ります。

キーワードによってユーザーの心理段階を考える。

うちの今までのPPC運用は、とにかくたくさんの似たようなキーワードで出稿して成約をつかみ取るパターンでした。

 

ただ、これだとCPAがどんどん増大していきます。

 

CPAがお客さんに頂く報酬を越えてしまったのでCPAを下げる必要に迫られました。

 

幸い、SEO(上位表示対策じゃない方)でも割と成約が取れるようになってきましたので、クリック広告の出稿を抑えられる状態になりました。

 

ということで、成果出た分だけにキーワードを絞って完全一致で出稿しています。

 

範囲を小さくしてよく状況が見極められるようになったからか、なんとなくですが、キーワードごとの顧客心理の違いが判るようになってきました。

 

例えば 車などの買取系であれば、

 

  • ハイウェイスター 売る
  • ハイウェイスター 買取価格
  • ハイウェイスター 買取

 

だと、微妙にユーザーの心理段階が違うんじゃないでしょうか?

 

どう違うか?は実際に広告とLPをテストして確認しないといけないですが、

 

  • 「ハイウェイスター 売る」だと、ユーザーの気持ち・心理段階としては「ハイウェイスターを売りたいけど、どうしたらよいのか?」という状況かと想像されます。
  • 「ハイウェイスター 買取価格」だとハイウェイスターの売り方や車の買取サービスがあることを知ったユーザーが概ねの相場を探しているというように考えることができます。
  • 「ハイウェイスター 買取」だと、既に売れること・概ねの相場価格を把握したユーザーが少しでも買取価格が高いところを探しているように思います。

 

同じようなキーワードなのですが、よーく見ると微妙に求めているものが違います。

 

 

この差を見極めて広告文考えたりLPのオファーを設定しないといけないんだなぁ・・・とやっとこさ理解できてきました(笑)

PPCの運用もやること多くて大変ですねー・・・。

 

まぁ楽な仕事はないですな。

 

ただ、楽しい仕事ではあります。

 

やればやるほど成果でるので、なんとかお客さんに大儲けしてもらえるようにしたいですね。